わたしはワタシとコミケに出る



今年ももう12月です。
そして、年末にコミケでます。
出るという時だけサイト更新するの悪いクセ。

月曜日・東O44a

さて、今年は何を描いたらいいんでしょうね…
まだ何も描いてないので困り果てています。
毎度のことですけれど。


今年はジブリの映画、特に高畑勲の映画が凄かった。
もう本当に。
俗な言い方をしますとね、自分の中のジブリベスト3に入るくらい良かった。
何かに憧れて心ざわめかせることが罪だって。単純で根源的なことが罪だと言う。
最後、科学が発展した現代だからこそ描き得るリアルな地球を見せられて、罪の在り処を客観視する。
そうやって映画館を出てくると、始めに映画館に入って行った行為自体が罪のように思える。
罪悪感はないよ。だって姫と同じ心境だもの。映画の細部は忘れても、わらべ唄だけは覚えてる。
それはとても良いものを観たという感触として。

コメント投稿









確認