飯野賢治




飯野さん死んじまいました。

ぼくが知ってる飯野さんは、FCのウルトラマン倶楽部2を製作していた頃です。
あの頃から既にデカくてロン毛で黒服でした。

ある日、飯野さんにMS-DOS版のN88ーBASICを見せたんです。

「BASICってROMのやつでしょ?」

飯野さんはPC-8801のハードに入っているBASICしか知らなくて、
MS-DOS上で動くBASICのことを知りませんでした。
当時のゲーム会社の開発機はPCー9801VMとMS-DOSです。
98もROMのBASICはありましたが、MS-DOS全盛の時代、
BASICで何か作って遊ぶことも無くなっていました。

これはおもしろい!

ということで、会社の開発機で、即席一発ネタ・プログラム大会が始まりました。
そこで飯野さんが作ったのが、冒頭絵の「うんこ」です(笑)

BASICを少し知っている方に解説しますと、
CIRCLE文で楕円を描いて、それを下から上までランダムで左右に揺らしつつ、
描画色を変えて、華麗にパレットチェンンジするというもの。



こんな感じ。

実に下らない!w

しかし、その飯野さんの口調込みでゲラゲラ笑いました。
ほか、何を作ったか忘れましたけど、これだけは鮮明に覚えてます。


もうひとつ、クリエイター飯野さん。




狭いマンションの一室の開発室。
自前で持ち込んだキーボードを、自席の隣の押入れに突っ込んで、
ヘッドホンしながら作曲していました。

これも良く覚えています。
だって、その隣がボクの席でしたから。
さらにその隣は社長の席だったんですけどね!

コメント

kosa

知り合いどころか、同僚だったんですか!?


ゲームを心から愛する、良き時代のクリエーターが
いなくなってしまい、なんだか寂しいですね…

2013-02-25 15:21:35

へボリ

うん。
飯野さんが会社作る前にバイトしてた会社ね。

2013-02-25 22:33:18

コメント投稿









確認