Suica

本日は、JRに乗ってちょっとお出かけ
JRに乗る時は、いつも切符を買うのではなく、


Suica を使っています → 


一応、Suica について説明をしますと、
Suica とは、JRが発行している、切符代わりに使う専用カードのこと
Suica はキップと違って、改札機に直接入れずに、

近づけるだけで通れるのが売り → 


しかも、サイフの中に入れたまま近づけても反応してくれるので、超便利
ところが本日、Suica で、ちょっとしたトラブル発生
1つの改札機で二人同時に、


Suica を使う偶然に遭遇→


この改札機、出るのと入るのを1箇所で対応する両通行タイプ
片方が通過している時は、もう一方の通行を認めないのが本来の仕様
ところが、入口と出口の両方で、二人同時に Suica を使ったため、
どっちの通行が認められたのか分からず大混乱!
キップなら、通れない方の挿入口が塞がれるのでスグ分かるのですが、
Suica だと物理的な遮断が無いので、一瞬分からなくなるのです

そんなこんなで、二人の間で微妙な空気が流れたのも束の間、
なんとなく、譲ったけど譲られたので、通過してみたら、


止められました→


なんだよ、ハズレかよ!

この行き違いで、お互いのカードにデータの書き違いが起きて、二度大混乱
超便利!

※戻って入り口の通行禁止マークを見れば分かったんですけどね、戻らないとダメってそりゃねぇ…

コメント投稿

:
:
:
:
確認