イタリアはBARだらけ

イタリア旅行記・BAR編

我々一行、イタリアはフィレンツェで市内観光

観光と言えば、ドゥオーモとか、ヴェッキオ橋(or宮殿)とか、ウッフィッツィ美術館とか、
有名どころを一通り回ってみたいわけであります

ところが、そういう場所は、人もたくさんいるし、美術品だらけだし、
壁や空間にスペースがあると、イタリア人は芸術で埋めたがるクセがあるので、


人ばっかりで疲れる ・
絵ばっかりで疲れる ・
裸の銅像ばっかりで疲れる ・


と、3段構えでヘコたれるように出来ております

そんな時、
我々観光客の疲れを癒す憩いの場として、
日本の自動販売機並みに乱立する、


BAR→

※ BAR = バール

と呼ばれるコーヒーショップに立ち寄ります
BAR と言う名から、お酒が出てくるような印象がありますが、
出てくるのは、濃いイタリアンなエスプレッソ・コーヒーです


BAR店内→


イタリアには、自動販売機もコンビニも無いので、
ちょっとした小腹の用事は、BAR で済ませます

ちなみに、基本は立ち食い

メニューが置かれているテーブルで注文すると、
席料として € 1(約140円) ほど取られるので要注意

注文は、カフェ・ラッテやカプ・チーノなど、お好みメニューと、
欲しければ、ショーケースの菓子パン € 0.8(約110円) を頼みます


全部で € 2(約280円)→


菓子パンは、店によって味が違ったりと、色々楽しみ
コーヒーは、メニューの種類こそあれ、どこの店で飲んでも味は変わらない
どうやら BAR には、 BAR ご用達のコーヒーメーカーがあるらしく、
どの店にも同じシステムが導入されています(上の店内図の左側にあるマシン)
そしてもうひとつ、BAR についての重要な取り決め、

「エスプレッソは、法律で値段が決められている」

という衝撃の事実…
こりゃオドロイた

たしかに、どこの BAR も、中心街だろうと、郊外であろうと、
エスプレッソは € 0.8~ € 1(約110~140円) くらいの値段
立地条件をタテに、値段が不当に高いということはありません
そのため、料金を多く取りたい場合は、席料で上乗せということになります

例外:
郊外の BAR では、タダで席に座らせてくれた所もあった ・
ローマのバチカン近くの BAR では、席に座ってないのに € 1 余計にボッタクられた ・
(日本人観光客だと思ってナメられたか!?)

というわけで、イタリアはコーヒー党にとっては、天国です
紅茶党にとっては、紙のティーバッグでイイ加減に出てくるので、絶望的です
ジュース党にとっては、1缶 € 1.4(約200円)と日本より高くて、やっぱり絶望的

本当はジュース党の不肖ワタクシ
BAR しかないイタリアで、しぶしぶコーヒー党やってたら、
コーヒーが少し好きになった…カモ?ということで、今日はお開き

コメント

URL チプル

わお、イタリア楽しそうー。
チプルも海外旅行に行ってみたいなぁと思っているんですが、普通に英語圏に行ってもアレなので、できればフランスとかスペインとかドイツとかに行ってみたいなぁ。
でも、紅茶&ココア大好きチプルは、ちょっと辛いかも?(笑)

2005-03-05 21:53:37

ヘボリ

イタリア楽しかったですよー
食べ物オイシイし、街は面白いし、イタリア人ナイスだし
観光するにはパーフェクトな国ですよ(住むのもイイかも)
コーヒーについては、街のどこで飲んでもクォリティ高いので、
そのオイシさのあまり、コーヒーでもいいや…と思わされる魅力アリ

2005-03-06 04:23:06

コメント投稿

:
:
:
:
確認