駄菓子

今日、世田谷通りを歩いていたら、
駄菓子屋をみつけた


のらくろガム → 


本名・フィリックス、11円(税込)


分けて食べた → 


駄菓子にも消費税がついていて、
先日拾った10円では、のらくろガムは買えなかった
店の駄菓子には消費税つきの値札がついていたので、

「4月1日の消費税表示改正で変えたんですか?」

と聞いたら、

「ウチは前からこうしているんです」

と言う返事
なんでも、30円の駄菓子に30円の値札(税抜)をつけていると、

「はい30円!」

と、お客さんは10円玉3個だけ置いて、消費税を忘れるからだとか
駄菓子屋としては、ここで消費税が貰えないと利益が半分になってしまうらしい
計算してみよう

駄菓子屋の利益は売値の、20%
問屋は消費税を取るので、-5%
お客から消費税が貰えないと、-5%
差し引き、10%

なかなかシブイ商売だ

「駄菓子屋は家賃払ってたら出来ないよ」

だそうです


そんな今時珍しい駄菓子屋さん
店内を回って、面白そうな駄菓子を買ってみた


チビ牛乳パック → 
21円


外箱が牛乳パックのパクリ
面白かったけど、中身は袋詰めラムネツブだった


すももの酢漬け → 


透明の酢液に漬かった、すもも2個
すももなのに、更に酢漬けするとは、これ如何に?


ココア・シガレット → 
32円

タバコを吸うマネをしたい子供ご用達
中身はチョコかと思ったら、ラムネ粉を固めた棒だった


粉ジュース → 
一袋11円


粉を直接なめる粉ジュース
水で溶かして飲む時は、


直接袋の中へ入れちゃうのだ → 


というわけで、
懐かしさのあまり、色とりどり買ってみて、
パッケージを眺めるのは楽しかったけど、
駄菓子の味はマズかった(笑)


オマケ


水風船 → 
5個入り11円


面白い

コメント投稿

:
:
:
:
確認