やめられない、とまらない

かっぱえびせん → 


↑赤いから茹でたエビなのに、跳ねるとはこれ如何に

それはともかく、かっぱえびせん
ひさびさに食べたら、やめられませんでした
この塩加減が、あきさせず、ダレさせない
流石はロングセラー
1964年に発売されたらしい
不肖ワタクシより、ロングセラーですよ
(イヤ、まぁそれはどうでもイイんですが…)

40年もやめられない、とまらない、かっぱえびせん
ほかのロングセラーお菓子はどうなんでしょう?

森永、(ポケット用箱入り)ミルクキャラメル、1914年
グリコ、グリコ、1922年
グリコ、ビスコ、1933年
ロッテ、グリーンガム、1957年
グリコ、アーモンドチョコレート、1958年
おやつカンパニー、ベビースターラーメン、1959年
ロッテ、クールミントガム、1960年
グリコ、プリッツ、1963年
ロッテ、ガーナミルクチョコレート、1964年
カルビー、かっぱえびせん、1964年
森永、ハイクラウンチョコレート、1964年
森永、チョコボール、1965年
カバヤ、ジューC、1965年
グリコ、ポッキー、1966年
森永、小枝チョコレート、1971年
東ハト、キャラメル・コーン、1971?
カルビー、サッポロポテト、1972年
カルビー、ポテトチップス、1975年
やおきん、うまい棒(→年表)、1979年
ロッテ、パイの実、1979年
ロッテ、雪見だいふく、1981年
森永、おっとっと、1982年
ロッテ、コアラのマーチ、1984年
森永、ハイチュウ、1986年

ほとんどが30年以上のロングセラー
中でも、60年代に新製品開発が集中してます
これはやはり、1964年の東京オリンピックの影響ですかね~

いやァ、この一覧表つくるのは楽しかったです
いろんなお菓子を食べたくなりましたよ

コメント投稿

:
:
:
:
確認