厨房コォロギ

リリリ・リーンリーンリーン → 


ちょっと季節外れですが、秋ごろの話
とある店の厨房で、虫の鳴き声が響いていたのです
その鳴き方から察するに、声の主はコオロギに相違ない


コオロギ → 


店の主人は

「癒されるよ…」

とか言って聞き入っていたわけですが、
その鳴き声は、場所によってテンポが違うのです


冷蔵庫のウラあたりからは、「リリリリ…ン♪」
棚のウラあたりからは、「リーン・リーン・リーン♪」


種類の違うコオロギが縄張り争いでもしてる様子
外は寒いですからね、暖かい厨房は居心地が良いのでしょう…

と、勝手に癒されていたわけですが、
つい最近、科学的な事実が判明しました


コオロギが居る場所の温度によって、鳴くテンポが変わる


オォヲォォオ!
たしかに、温度差によって鳴き声が変わっているよ!
暖かい冷蔵庫ウラのコオロギはアップテンポで、
それより温度の低い棚ウラはスローテンポ
複数種いると思われていたコオロギは、温度差によるものだったのだ


計算式
居場所の摂氏=(15秒間で鳴いた数+8)/1.8


このネタは、クイズダービーの問題で出されたそうで、
2chのクイズダービースレッドを見ていたら出てきたのです
※はらたいらさんは答えたのか?


そんな草むらチックな厨房コオロギ
普通、厨房と言えば、ゴキブリです
こいつは厨房の宿命というもので、幾らホイホイ仕掛けても駆除出来ないのですが、
代わりにコオロギが居るってのも、なかなかオツなもんです
コオロギってゴキブリと同じ種類だしね
温度計代わりになるだけでもマシというもんです

コメント投稿

:
:
:
:
確認