ヘヴィ・ローテーション

今日はプログレッシヴ・ロック


カーヴド・エア


長年捜し求めていた、プログレ必修名盤
カーヴド・エアのエア・カットが、ついに聴けたのです
不肖ワタクシ、プログレ・マニアの端くれとして、コレほど嬉しいことはありません

ちなみにこのアルバム
カーヴド・エアの中で唯一CD化されていないという、幻の一品

現在でもコレを聴くためには、LP盤に頼るしか無いのです
しかし、超名盤と言われてるのに何で再発しないんでしょ?
やはり、版権問題だとか、メンバー間の確執だとか・・・かな?

すると、問題はあの男だ

溢れる程の音楽的才能を持ちながら、
悲しいかな、売れる才能には恵まれなかった男


エディ・ジョブスン →


金髪をなびかせ、シースルーのメタル・ヴァイオリンと、オルガンを同時に奏でる神童
カーヴド・エアに助っ人で抜擢された時、彼はまだ10代だった

助っ人?

実はこの直前、カーヴド・エアは、
バンドを作ったダリル・ウェイ(ヴァイオリン)が抜けてしまって、ピンチだった
残ったのは紅一点、ヴォーカルのソーニャ・クリスティーナ
神童ジョブスンを加入させたのは、おそらく彼女

まだ10代で経験の浅いジョブスンと、年上の姉さんクリスティーナ

み、雅だ・・・あやしい


とかなんとか、艶のある話で締めくくった今回のエア・カット
この後もジョブスンは、ロキシー・ミュージック、UKなど大御所バンドで活躍する
けど、
いまいち、パッとしないんだよなぁ・・・

プログレ・マニアにはスターだったけど、ロック・スターにはなれなかった男

それが、エディ・ジョブスン


そんな彼の、若かりし時の彼方に眠る名盤を、ヘヴィー・ローテイトする日曜日
なぜ再発されないのかはサッパリわからないけど、
グーグー鳴る不肖ワタクシのお腹の方へは、回転寿司を詰め込んだ


向かい側の席を回るネタをチョンボした瞬間 →


だって、だって、新ネタが回って来るのは、いつも向かい側なんだもん・・・

コメント投稿

:
:
:
:
確認