デジカメが壊れて困っていることがあります

それは、最後に撮った写真が取り出せないことです
果たしてそこには何が写っていたのか?

絵に描いてみましょう
たしかこんな写真です




下に描いてある「タバコ」は参考です
そして、上に写っているのが、その写真

「蛾」です


森に住む昆虫は「木の葉」に擬態しますが
都会に住む昆虫は「タバコの吸殻」に擬態します


ワタクシが蔵書する「昆虫の擬態」の本には、「花びら」に擬態する昆虫が載っていました
それはちょっと珍しい擬態昆虫です
植物の歴史上で「花」が出現したのはつい最近の出来事
つまり、「花びら」に擬態する昆虫とは
「花」が出現した以降の新種ということ
とは言え、それは何万年単位の話
「タバコの吸殻」は、「人間の消費社会」及び「吸殻ポイ捨て」の浅い歴史

それは、たかだか数十年の話

これの意味するところは
昆虫が自らの遺伝情報を組み替えて、新たな擬態を獲得する時間が推し量れること
そして、それがほんの僅かな時間で事足りるのだという証明になること


ところで
デジカメに写っているハズの「タバコ蛾」
擬態の対象が「吸殻」なので、天敵の鳥はイヤがること必至
イイ所に目をつけたもんです
そして、問題の擬態ですが
さてさて、どれだけ似ていたんでしょう

気になりますか?

では、ちょっとだけ

コメント投稿

:
:
:
:
確認